家づくりコラム・スタッフブログ

Column・Blog

042

屋根の遮熱について


《東京・西多摩・羽村・新築住宅》



9月も下旬になり、セミから虫の声に変り朝晩の風が涼しく感じられます。

このように涼しくなると日本の熱い夏の日差しを忘れてしまいそうです。


家の中も熱中症対策が要るといわれています。エアコンや扇風機を活用し、

部屋の温度を下げ、空気の動きによって体感温度を下げたりしていると思います。


では、建物で日差しを防いだり、涼しくできないでしょうか。

建物から入ってくる熱を少しでも軽減することができたら、部屋の温度の上昇を抑えられ

エアコンの使用を減らせ、電気代も安くなります。

環境にもお財布にも優しい。

世界中の若者達が、未来のための金曜日と題して 温暖化対策を求めています。

若者だけでなく、大人たちも意識していると思います。

遮熱技術が温暖化防止には直接つながっていませんが、各個人の家の単位で快適でありながら

長く住まい続けられるようになると良いと思います。




今回は屋根についてお話しさせて頂きます。

屋根の輻射熱を反射するシートを、小屋裏に施工し、屋根から入ってくる輻射熱を跳ね返すイメージです。

また、熱い空気を外に逃がす為にに空気の通り道を確保します。熱い空気は上に向かいますので、屋根の一番高い

ところに換気部材を通って外に逃げます。

空気の通り道があると自然に流れていきます。

実験棟を用いての実験結果では、遮熱工法を施工した場合とそうでない場合では、約6.5度程の差がありました。

遮熱シート1枚で小屋裏の温度が6.5度違ったんです。

部屋の温度を6.5度下げるとなると、エアコンのエネルギーをたくさん使いそうですね。

また、室内で発生した湿気を逃がす性能を持っています。

スポーツウェアやレインコートなどにも、水を通しませんが湿気を通す素材がありますね。

室内で発生する湿気を逃がすことができるんです。






耐久性についても、90度Cの熱を50日間当てる実験を行いました。

実際の期間にすると10年間に相当します。

実験結果では、遮熱性能の低下も見られませんでした。


屋根からの熱を少しでも部屋に入れない技術でした。


是非モデルハウスで体感してください。



=  =  =  =  =  =  =  =  =  =  =  =  =  =  =  =  =

《東京・西多摩・羽村・新築住宅》
 新築 注文住宅 は アイフルホーム東京羽村店 へ お任せ下さい!
羽村市 福生市 青梅市 あきる野市 西多摩郡 瑞穂町 日の出町 奥多摩町
《東京・西多摩・羽村・新築住宅》
 ご希望の エリアで 建築 します! 土地探し 建替え 狭小地 も !
注文住宅 新築住宅 ハウスメーカー 工務店 マイホーム のことなら
アイフルホーム東京羽村店 株式会社神田ホーム へ ご相談ください!
《東京・西多摩・羽村・新築住宅》
=  =  =  =  =  =  =  =  =  =  =  =  =  =  =  =  =




































 
一覧に戻る

押し売りは一切いたしません!
誠実・丁寧に対応させていただきます。

アイフルホーム東京羽村店の
家づくり・プラン・金額など
気になる方はいつでも
お気軽にお越し下さい。

特典付きWEBご来場予約はこちら

MENU

閉じる